協業組合 土岐高根製陶

会社概要  COMPANY

 

・理事長メッセージ

 当組合は昭和42年、協業による近代化・高度化を目的とする11社が集結し、全国初の同一棟での

 工場における完全協業体としてスタートいたしました。

 すなはち、当組合は陶磁器製造業の協業化組合としての草分け的存在であり、長い歴史と伝統を

 有すると同時に、近代化への改革を着実に行ってまいりました。

 現在では、第二世代の若い人材への後継も順調にすすみ、そのセンスと情熱を経営資源として、

 消費者の皆様の感性に訴え、多様化するニーズにお応えする陶磁器製品を供給してまいります。

 

・沿革

   ・昭和42年  協同組合 土岐高根製陶共同工場設立

   ・昭和47年  協業組合 土岐高根製陶に組織変更

   ・昭和52年  第二工場建設

   ・昭和55年  全自動成型機導入

   ・平成02年  第二工場増設、素焼きシャトルキルン増設

   ・平成03年  素焼きトンネルキルン新設

   ・平成05年  工場増設、合理化製造ライン(5ライン)導入、本焼成トンネルキルン更新

          等々、大規模設備投資実施

   ・平成20年  多品種少量生産に対応すべくマニュアル製造ライン(1ライン)導入

 

 

・概要

   ・名称    協業組合 土岐高根製陶

   ・理事長   斉木正一

   ・所在地   〒509-5114

          岐阜県土岐市肥田町浅野1078-97

          TEL 0572-55-5757

          FAX 0572-55-5999

   ・設立    1967年

   ・従業員数  54名

   ・理事    8名





  

inserted by FC2 system